ホーム » 離婚 » 医師との結婚の実情。意外と離婚する人が多い?

医師との結婚の実情。意外と離婚する人が多い?

離婚届け
医者は、合コンなどでも人気が高いのは言うまでもありません。中には、絶対に医者と結婚するんだと決めている女性もいらっしゃるでしょう。しかしながら、医者との結婚生活は幸せばかりとは限らないようです。むしろ、理想と現実のギャップについていけなくて離婚するというケースが多いのです。

医者との結婚といえば、やはり裕福な生活を思い描く方が多いです。しかしながら、医者といっても勤務医なのか開業医なのか、はたまた研究医なのかで、収入は大きく変わってきます。

やはり一番立地なのは開業医です。開業医の場合は経営の才覚しだいでいくらでも稼ぐことができます。勤務医で年収1000万円台という方が多いです。もちろんそれでも十分な高収入なのですが、年収何千万ものリッチな生活を思い描いていた方からすると不満が湧くのかもしれません。勤務医の場合はもっと少なくて、年収600~700万円程度と、一般のサラリーマンとそう変わらない金額になります。医師との結婚に高すぎる理想を抱かないように、このあたりの現実は知っておくべきでしょう。

それから、医者の離婚率が高くなるもう一つの理由に、医師という仕事の多忙さが挙げられます。勤務医などは特に激務ですから、どうしてもすれ違いが増え、離婚の原因になることがあります。医師と結婚するからには、パートナーが多忙な職場で頑張っていることを理解し、応援してあげる姿勢を持つのが良いでしょう。