医師が結婚する年齢
これから結婚をお考えの皆さん。何歳くらいで結婚したいですか?そしてそれは、早いと思いますか?遅いと思いますか?

厚生労働省によると、平成23年の平均初婚年齢は、女性が29.0歳、男性が30.7歳です。さて、では医師の結婚について考えてみましょう。医師が結婚する平均年齢はどれくらいなのでしょうか?
実は、医師の結婚は遅い傾向にあります。といいますのも、医学部を6年で卒業しても、その後には2年間の初期研修医期間があり、さらにその後は“〇〇科の医師”としてスペシャリストになっていくための専門科での研修が3年~5年ほどあります。そこでようやく一人前の医師になれるわけです。研修医の間は激務な上に収入は高くありませんので、なかなか結婚するどころではないという方が多いです。

男性医師の場合、30歳代後半~40歳代で初婚というのも珍しくありませんし、男性医師の場合は年齢がアラフォーでも女性からの人気は高いです。

さて、女医さんの場合はどうでしょう。女性の場合はどうしても出産などにタイムリミットがありますから、男性医師と同様に一人前の医師になってから結婚……などと考えていては、婚期を逃してしまいかねません。そこで、女医さんの場合は結婚平均年齢が早い傾向にあります。入局前に入籍だけ済ませるとか、学生結婚という方も中にはいるようです。