医者との結婚

医師の結婚生活・恋愛事情について

月別: 2017年6月

医者と結婚して後悔している人は少なくない?

後悔
医師と結婚したいと思っている方は多いですが、一方で、医者と結婚したことを後悔している人も少なくないようです。それはなぜでしょうか。

医者と結婚したい理由としては、収入が多いことやステータスが良いことがあるでしょう。ですが、医者というのは想像以上に多忙で家族と一緒に過ごす時間ないことや、転勤が意外と多いことなど、結婚後に「こんなはずじゃなかった……。」と感じることもあるようです。お子さんのいるお医者さんの奥さんが、「病院のことばっかりで、〇〇ちゃん(ご自分たちの間のお子さんの名前)の具合の相談なんか全然できないし!」と憤っているのを聞くこともしばしばあります。

ですが、医者というのは素晴らしい仕事ですし、医者と結婚すれば安定した生活を送ることができることは間違いありません。ですから、医師が多忙であることをきちんと理解し、そのうえで安心して医師が家庭を任せられるような存在になり得たら、医師との幸せな結婚生活を送ることは夢ではありません。

ドクターと恋愛をしたり結婚を考えたりするのなら、ドクターの仕事中心の忙しい日々を支えてあげること、転勤などの可能性もあることを、最初から理解しておくことが大切です。

結婚相談所に登録する医師はどんな医師?

結婚相談所
結婚したいけれど相手がいないとお悩みの医師の皆さん。結婚相談所への登録はお考えですか?

結婚相談所に登録するなんて、モテないと自己申告しているようで恥ずかしいと感じる方がいらっしゃるかもしれません。ですが、男性医師の方で結婚相談所に登録している方は少なくありません。

医師という仕事はご存知の通り忙しいですから、なかなか出会いがないという方が多いです。お見合いや知人の紹介などがあれば良いですが、そうでないならご自分から真面目な出会いのきっかけを探すのは良いことだと思います。

結婚相談所では、男性医師は非常に人気の職業です。男性医師なら、30歳代はもちろん、40歳過ぎくらいまでなら何の支障もなく、20代女性と結婚できることも多いです。男性の職業を医師に限定したお見合いパーティーなどが開催されていることもありますよ。

女医さんにも、結婚相談所に登録して婚活をされる方はたくさんいます。女医さんは、モテます。逆玉の輿を狙う男性もたくさんいますし、自立した女性を好む男性おたくさんいるからです。ただ一方で、女医さんという職業だけで敬遠する男性も少なくないということは知っておいた方が良いかもしれません。また、女医さんの多くは、結婚相手にお医者様や、ご自身と同等かそれ以上の学歴や収入のある方を希望されることが多いので、女医さんの希望する条件の面からなかなか合致する方が見つからないという場合もあります。そんなときは、男女とも医者や医療関係に限定しているような結婚相談所などを利用すると良いでしょう。

看護師は医師を恋愛対象としてみているのか?

医師と看護師の恋愛
医師の恋愛事情・結婚事情を考えるとき、気になるのはやはり看護師だと思います。医師と看護師の関係が恋愛に発展したり結婚したりすることは、実際に多いのでしょうか?

看護師さんの中には、医師と結婚することを目標に看護師になる方すらいます。

国家試験に受かった医師でも、研修医時代というのは、激務で忙しい割に高収入ではありませんので、たくさんデートしたい女性などからは、モテるかどうか、あるいは長く付き合えるかどうかは、微妙なところかもしれません。ですが、将来の有望株であることは間違いありませんから、結婚を考える相手としてターゲットになりますよ。

もちろん、医師と看護師の恋愛・結婚のすべてが、医師の肩書や収入目当てというわけでは、決してありません。

医師も看護師も多忙なお仕事ですから、なかなか職場以外で出会いを見つけるのは難しい場合も多いです。そんな中、人の命を救う仲間として、医師と看護師の間に愛情が芽生え結婚するということも多いです。

同じ職場で働く看護師なら、職場での医師としての働きぶりや悩み、多忙さなどを知っているからこそ、結婚すれば、理解ある奥様に安心して家庭を任せることができる家庭生活を送ることができるというメリットがあるでしょう。

医者の恋愛事情はどうなのか?

医者の恋愛事情
医者の恋愛事情はどうなっているのでしょうか。

医者は、合コンなどに出かければ、医者と結婚したい人は多いですので、モテることは間違いありません。ただ、忙しいので合コンなんて行っているひまがないという方も少なくありません。

ドラマや小説の世界では、医者と患者の禁断の恋などもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。医者にとって患者はあくまでも治療の対象ですし、特定の患者と親しくなりすぎたりするとややこしいことになりかねないということで、患者との恋愛は避けるべきだと考える方が多いです。もちろん患者との恋愛がゼロだというわけではありませんが、もし医師であるあなたが特定の患者さんのことが気になるなら、あるいは、あなたが患者の立場からお医者様に恋い焦がれているのなら、せめて患者さんが治ってからアプローチする方が良いでしょう。

医師はなんといっても忙しいので、職場以外で出会いを求めるのが難しく、職場恋愛が多いです。患者以外で職場で出会う相手といえば、医師、看護師、薬剤師などです。

それから、医学生時代からの恋人と結婚するというケースも多いです。あとは、上司やご実家などからの紹介(お見合い)で結婚する場合も多いです。

男性医師、女医が結婚する事が多い年齢は?

医師が結婚する年齢
これから結婚をお考えの皆さん。何歳くらいで結婚したいですか?そしてそれは、早いと思いますか?遅いと思いますか?

厚生労働省によると、平成23年の平均初婚年齢は、女性が29.0歳、男性が30.7歳です。さて、では医師の結婚について考えてみましょう。医師が結婚する平均年齢はどれくらいなのでしょうか?
実は、医師の結婚は遅い傾向にあります。といいますのも、医学部を6年で卒業しても、その後には2年間の初期研修医期間があり、さらにその後は“〇〇科の医師”としてスペシャリストになっていくための専門科での研修が3年~5年ほどあります。そこでようやく一人前の医師になれるわけです。研修医の間は激務な上に収入は高くありませんので、なかなか結婚するどころではないという方が多いです。

男性医師の場合、30歳代後半~40歳代で初婚というのも珍しくありませんし、男性医師の場合は年齢がアラフォーでも女性からの人気は高いです。

さて、女医さんの場合はどうでしょう。女性の場合はどうしても出産などにタイムリミットがありますから、男性医師と同様に一人前の医師になってから結婚……などと考えていては、婚期を逃してしまいかねません。そこで、女医さんの場合は結婚平均年齢が早い傾向にあります。入局前に入籍だけ済ませるとか、学生結婚という方も中にはいるようです。

医師との結婚の実情。意外と離婚する人が多い?

離婚届け
医者は、合コンなどでも人気が高いのは言うまでもありません。中には、絶対に医者と結婚するんだと決めている女性もいらっしゃるでしょう。しかしながら、医者との結婚生活は幸せばかりとは限らないようです。むしろ、理想と現実のギャップについていけなくて離婚するというケースが多いのです。

医者との結婚といえば、やはり裕福な生活を思い描く方が多いです。しかしながら、医者といっても勤務医なのか開業医なのか、はたまた研究医なのかで、収入は大きく変わってきます。

やはり一番立地なのは開業医です。開業医の場合は経営の才覚しだいでいくらでも稼ぐことができます。勤務医で年収1000万円台という方が多いです。もちろんそれでも十分な高収入なのですが、年収何千万ものリッチな生活を思い描いていた方からすると不満が湧くのかもしれません。勤務医の場合はもっと少なくて、年収600~700万円程度と、一般のサラリーマンとそう変わらない金額になります。医師との結婚に高すぎる理想を抱かないように、このあたりの現実は知っておくべきでしょう。

それから、医者の離婚率が高くなるもう一つの理由に、医師という仕事の多忙さが挙げられます。勤務医などは特に激務ですから、どうしてもすれ違いが増え、離婚の原因になることがあります。医師と結婚するからには、パートナーが多忙な職場で頑張っていることを理解し、応援してあげる姿勢を持つのが良いでしょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén